一般・小児皮膚科

一般・小児皮膚科(保険診療)

皮膚は体や心の状態をうつす鏡と言われています。
みこ皮膚科クリニックは、皆さまの「お肌のかかりつけ医」なれるよう努めてまいります。

皮膚科

湿疹、肌荒れ、じんましん、水虫、いぼなどの日常的な疾患から、慢性的なアトピー性皮膚炎、ニキビまで様々な皮膚疾患の診療を行っています。
皮膚疾患は皮膚だけを治療するのではなく、皮膚の症状が体調や内臓の病気と関係していることもあります。
カウンセリングに時間をかけ、ご自宅での治療の仕方や、注意事項なども、詳しくご説明しております。

まずは、お気軽にご相談ください。

小児皮膚科

アトピー性皮膚炎、蕁麻疹(じんましん)、あせも、とびひ、いぼ、水いぼ、おむつかぶれなどお子様に多い皮膚疾患を診察しています。
お子様の皮膚は、大人に比べて非常にデリケートなので注意が必要です。
また、お子様特有の皮膚症状も多く見られます。
しっかりと診察した上でお子様一人ひとりに合った方法で治療します。

赤ちゃん

治療例

よくある症例をご案内しています。ご参考にしてください。 その他の症状もお気軽にご相談ください。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎では、皮膚の症状が人目に触れたり、つらいかゆみで仕事や勉強に集中できないなど、精神的なストレスを抱えている方が多くいらっしゃいます。 そして、そのストレスがさらにアトピーの症状の悪化につながることも少なくありません。
当クリニックでは、アトピーで悩む方のお話を詳しく伺い、メンタル面のサポートもさせていただくよう心がけております。
また、ステロイド外用薬だけでなく、漢方薬や生活習慣や食生活、スキンケアなどトータルでアドバイスをさせていただきます。
どんな治療にも反応が少なかった方に朗報です。新しく生物学的製剤(デュピクセント)(注射薬)によるアトピー性皮膚炎の治療も開始しました。是非ご相談ください。

かゆみ、湿疹(しっしん)

皮膚が乾燥してかゆくなり眠れないという方、湿疹でお悩みの方には、塗り薬や飲み薬による治療のほか、スキンケアによって根本からのお肌を健康に整えていくお手伝いをいたします。

ニキビ

ニキビの原因は食生活、ホルモンバランスの乱れ、ストレスなど人それぞれです。当クリニックではニキビの状態、原因に合わせて様々な治療を行っています。 毛穴のつまりを取り除き悪化を防ぐ作用のある塗り薬(数種類)や抗生物質など外用剤を中心に治療を行います。一部炎症の強い方は抗生剤の飲み薬の処方も行います。
希望により漢方治療も取り入れます。保険範囲内の治療で難治な場合は、ケミカルピーリングなどの自費治療をおすすめすることもあります。

いぼ

当クリニックでは、いぼの治療を液体窒素のほか、痛みのないモノクロロ酢酸による治療も行っています。

皮膚がん(メラノーマ)チェック

ダーモスコープによる皮膚がんのチェックを行っています。悪性が疑われる場合は、皮膚生検を行っております。

やけど

やけどはその深さによって痕(あと)になる、ならないが決まってきます。皮膚科医による的確な診断により見極め、適切な治療を施すことが重要ですので、自己判断せずお早目にご相談ください。

水虫

水虫かな?と思ったら、自己判断や自己流の処理をせず、皮膚科にお越しください。来院されましたら、真菌検査を行いますが、使用されている薬剤によっては検査ができないときがあります。

口唇ヘルペス

いわゆる「ねつのはな」疲れなどで免疫力が弱くなると発症し繰り返します。内服薬で早期に対応すると楽になることがあります。
セルフメディケーションといってヘルペスを繰り返す方は、予防薬をお渡しすることもできますのでご相談ください。

帯状疱疹

帯状疱疹は免疫力が弱くなることで繰り返す人が多い疾患です。ひどくなると痕が残ったり痛みが続くことがあります。皮膚科で適切な治療を受けることをお勧めいたします。治療は早ければ早いほど有効ですので、これらの疾患が疑われる場合はまずご相談ください。

TOP