美容皮膚科 お悩み別

お悩み・目的別一覧

シミ・そばかす・肝斑(かんぱん)

シミといわれるものには、さまざまな種類のものがあります。紫外線によるもの・女性ホルモンの影響・老人性のもの、炎症からの色素沈着などです。
また、場合によっては異なる種類のシミが混在することもあります。 シミの種類によってその治療法も異なるため、シミの種類を見極め、それに合わせた治療を行うことが大切です。
間違ったケアを行っているとそれが刺激となり、シミが濃く広がる場合がありますので注意が必要です。
当クリニックでは、各種最新機器を取り揃え、症例経験豊富な女性医師がお肌の状態を診察し、最適な治療をご提案させていただきます。

シミ・そばかす・肝斑(かんぱん)

しわ・たるみ

しわができる原因として、加齢や紫外線の影響、肌の乾燥などがあげられます。深いしわに関しては、筋肉が過度に働いてしまうことが原因になっていることが多くあります。
特に、額、眉間、目尻のしわなどです。その原因によって真皮層のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が減少・破壊されるために、皮膚の弾力やハリが低下してしわができます。
たるみの原因は、顔の筋肉である表情筋が加齢により衰えて、皮膚を支えきれなくなってたるみとなってしまいます。
ホームケアだけでは難しい、しわやたるみの改善をご希望の方へ、効果が高く、持続期間の長い治療方法をご提案いたします。

しわ・たるみ

美肌、毛穴の開き、黒ずみ

年齢と共に気になる毛穴の開き。厚いメイクなどで隠そうとするほど、毛穴の深部まで皮脂がつまってしまったり、強いクレンジング剤によってさらに乾燥がひどくなったりと、 逆効果を招くケースが少なくありません。日々のスキンケアのみでは、なかなか改善が難しいものです。
お鼻まわりは皮脂分泌量が多いため、症状が悪化すると、イチゴ鼻(毛穴汚れ)やニキビなど毛穴トラブルがたいへん起きやすいところでもあります。
そうならないためにも、その場しのぎの対処ではなく、皮膚科医の診断のもと最適な治療を受けることが大切です。 毛穴の開き・黒ずみが改善すれば、肌質の改善も期待できます。

美肌・毛穴の開き、黒ずみ

赤ら顔

赤ら顔は皮膚の浅いところに張り巡らされている毛細血管が拡張することで頬が赤く見える症状です。顔の皮膚は薄く、毛細血管が透けやすいため、顔が赤く見えやすくなります。
皮膚が赤い部分は人によって違い、全体が赤い・ほほが赤い・鼻が赤い・Tゾーンが赤いなど様々です。特に、風呂あがりや、寒い場所から暖かい室内などに移動した時に症状が顕著に現れます。
赤ら顔には種類が様々あり、それぞれ原因が違いますので、対処法も様々です。患者様の症状を確認させていただき、皮膚科専門医が適切な治療をご提案させていただきます。

赤ら顔

ニキビ・ニキビ痕

ニキビの原因はホルモンバランスの崩れやストレス、疲労、偏食、便秘、胃腸の不調、月経不順など生活習慣に起因する場合も多く、思春期だけではなく大人になってからも悩まされることの多い皮膚疾患です。
ニキビによる炎症を繰り返すうち、色素沈着が起こって茶色っぽいシミが残ってしまったり、皮膚の表面にクレーターのような凸凹が生じたりする症状を「ニキビ痕」といいます。この状態になると、 自然治癒は難しく、皮膚科医による診断と専門的な治療が必要です。
ニキビには現在、保険適応のある外用薬、内服薬があります。中学生・高校生の方をはじめとした若い患者さまにも安心して治療を受けていただけるようご提案してまいります。
患者さまお一人おひとりによって異なる肌質や症状に合わせて治療方法を使い分け、安心して受けていただき、本来の美しい肌へ、ニキビのできにくい肌へと導きます。

ニキビ・ニキビ痕

ほくろ除去・いぼ

ほくろ、いぼと言ってもさまざまな原因があります。 ほくろのほとんどは医学的には色素細胞母斑と呼ばれるもので、皮膚の中に点在する色素細胞が何らかの原因で腫瘍化してできた皮膚の良性腫瘍であると考えられています。 ただし悪性の皮膚腫瘍にほくろと似たものがあるので、それを見分けることが必要です。悪性の可能性を疑う場合には、切除および病理検査を行います。
またいぼは、ウイルスによって表皮層が増殖したものがほとんどですが、紫外線や加齢によりできるいぼや手足の指やひじ、ひざのいぼなど、その種類は様々です。
治療の前に専門医が患者様のほくろ・いぼの状態を細かく診断し、患者様のほくろ・いぼの種類や大きさに合わせて治療法を決定します。治療法によっては保険適用となります。

おすすめ治療
ほくろ除去・いぼ

育毛・薄毛治療

男性と女性とでは治療法が違います。薄毛は男性の症状であるイメージが強いですが、近年、女性でもお悩みになる方が増えてきています。
AGA(男性型脱毛症)・円形脱毛症・脂漏性湿疹による脱毛・抜毛症(トリコチロマニア)など、一口に薄毛と言ってもその原因はさまざまです。
最近の女性では、行き過ぎたヘアケアや日頃からの過度なストレス、無理なダイエットなどが災いし、薄毛の悩みを抱える女性も増加傾向にあります。 その傾向に比例して育毛剤を使用している女性も増えてきています。
男女問わずご相談いただくことが多い薄毛や抜け毛について、その原因や症状、解決のための治療方法を詳しくご提案します。

育毛・薄毛治療

美白・疲労・倦怠

体の細胞レベルからサビを取り除き、体の中から美白・美肌を促し、また、若さと生まれたての肌を取り戻すよう働きかけます。アミノ酸・ビタミンを点滴・注射して、体の内側から美白・疲労回復・乾燥肌・ 冷え性・免疫力アップ・更年期障害などに対処します。

美白・疲労・倦怠

医療脱毛

医療脱毛とは、黒い色素(メラニン)に反応する特殊なレーザー光を照射し、破壊することで脱毛する治療方法です。 当クリニックでは、安定した効果・実績のあるレーザー機器を用いて施術を行います。
皮膚科専門医が施術前に詳細なカウンセリングを行ないます。脱毛をする部位の皮膚に何かしらの症状が見られる場合は、状況に応じてまずその部位の治療を行い、その後に脱毛治療を行います。
医療機関だからこその施術で、安心してお受けいただけます。

おすすめ治療
医療脱毛

睫毛貧毛症治療

まつ毛が「少ない」「細い」「短い」と感じる方はまつ毛貧毛症かもしれません。まつ毛が不足し、不十分な状態を指します。まつ毛貧毛症は医療機関で治療できます。
当クリニックでは、日本の厚生労働省から承認された国内初・唯一の睫毛貧毛症(まつ毛貧毛症)治療薬にてまつ毛貧毛治療を行っております。お気軽にご相談ください。

おすすめ治療
睫毛貧毛症治療

TOP