美容皮膚科 施術・治療別

ラジオ波RF(高周波)

肌の真皮層に直接的に働きかけるため、安全かつ効果的に施術を行います。

治療の用途によって使い分けが可能で、「炎症性のニキビ」「目元のしわ」「目元のたるみ」などに高い効果を発揮します。
特にニキビ治療においては、今までの治療とは全く異なる効果で炎症性ニキビを根本から治療することが可能になりました。
アグネス

ラジオ波RF(高周波)とは?

当クリニックのラジオ波RF(高周波)は、最新の美顔治療器AGNES(アグネス)を使用しております。
AGNES(アグネス)とは、目的に応じて開発された様々なマイクロ絶縁針を使用することで、高い安全性を保ちながらも、真皮、脂肪層、皮脂腺等の各ターゲットに直接アプローチし、 RF治療を行える新しい治療法です。これまでのニードル治療器は、高い効果が期待できるものの、絶縁部分がないものや針の種類が少ないため、十分な治療効果が出せないものがほとんどでした。 このAGNES(アグネス)は従来のニードル治療器と同等以上の高い効果が期待できる、世界に先駆けた新しい治療器です。
治療の用途によって使い分けが可能で、「炎症性のニキビ」「目元のしわ」「目元のたるみ」などに高い効果を発揮します。肌の真皮層に直接的に働きかけるため、安全かつ効果的に施術を行うことができます。 特にニキビ治療においては、今までの治療とは全く異なる効果で炎症性ニキビを根本から治療することが可能になりました。

こんな方におすすめです
  • 炎症性ニキビの治療
  • ブラックヘッド(鼻の毛穴の黒ずみ)の治療
  • 汗菅腫・稗粒腫
  • 目の周りのしわ・目の下の脂肪
アグネス

当クリニックで行う施術

ラジオ波RF(高周波)による炎症性ニキビ治療

ニキビは思春期だけでなく、大人になってからも慢性的に起こる一般的な疾患です。
ニキビの治療には、内服薬や外用薬、レーザーやケミカルピーリングなど様々な治療が用いられてきました。 これらの治療は、それぞれに特徴があり高い効果が得られますが、再発を防止するための根本的な治療ではないため、治療に時間がかかったり、治療そのものを中止すると再発することがありました。
ラジオ波RF(高周波)は選択的皮脂腺の破壊術を用いることにより、本質的なニキビ治療が可能です。

ニキビは皮脂腺から生じる毛包炎ですが、皮脂腺が消滅すればニキビの発症箇所がなくなります。
つまり、ニキビの再発を防止するためには皮脂腺を破壊することが必要です。「毛根を破壊すれば永久脱毛が可能」であるのと同様の原理に基づいて開発されたアグネスの微細絶縁針およびRFシステムは、 表皮に熱損傷を起こすことなく皮脂腺だけにエネルギーが伝わるように設計された、安全かつ効果的なニキビの治療法です。

施術方法
  • 表面麻酔:麻酔を行います。麻酔はクリーム麻酔にて行ます。30分ほど、麻酔が効くまで待ちます。
  • 麻酔を洗い流していただきます。
  • 皮脂の圧出をします。
  • 超極細の針をニキビ、毛穴に一つずつに挿入し、高周波による熱を与え破壊します。通電(毛穴+四方)
  • 痛みが強い場合は局所麻酔の注射も併用できます。
  • 治療当日は洗顔、基礎化粧、パウダー程度のメイクならOKです。
  • 炎症を抑える軟膏を塗ります。
  • 通電メルティング+圧出 (翌日または翌々日)
アグネス

ラジオ波RF(高周波)による白ニキビ・黒ニキビの治療

詰まって白く見えるものは「白ニキビ」と呼ばれています。そのままにしておくと肥大して目立つようになったり、ひどくなれば炎症性のニキビになったりと、とてもやっかいなニキビです。
特に、鼻は皮脂腺が多いため皮脂が過剰に分泌されやすい部分でもあります。

これらの治療には、現在皮膚科で使用される様々なレーザーだけでなく、化粧品業界でも色々な商品が販売されています。
しかし、一度拡大した毛穴は簡単に治療できずに根治が容易でないことが現実です。ラジオ波RF(高周波)は、これらの発生源である皮脂腺を直接破壊します。

施術方法
  • 表面麻酔
  • 皮脂の圧出
  • 通電(毛穴)
アグネス

ラジオ波RF(高周波)での汗管腫治療

汗管腫の治療には、今までCO2レーザーなどを使用して治療されていましたが、きれいに改善するのはなかなか難しいものでした。 汗管腫は皮膚の深部に存在するため、治療後に傷痕が残ったり、完全に取り切れずに再発する可能性があるためです。
ラジオ波RF(高周波)では、汗管腫がある部位に直接、極細のニードルを挿入して、汗管腫がある肌深部に直接高周波(RF)を照射し、その熱作用で汗管腫を縮小させることが出来ます。

ニードルを挿入した部位に多少の腫れやかさぶたが出来ることがありますが、大きなダウンタイムはなく治療は完了します。

◆ 汗管腫のアグネスによる治療メリット

  • 従来の治療に比べてダウンタイムが少ない。
  • コラーゲン生成も行うので治療箇所の皮膚の状態が良くなる。

◆ 汗管腫のアグネスによる治療デメリット

  • 効果が現れるのが遅く、実感できるまで3ヶ月~半年ほどかかる。
施術方法
  • 表面麻酔を行います。麻酔はクリーム麻酔にて行います。30分ほど麻酔が効くまで待ちます。
  • 麻酔を洗い流していただきます。
  • 超極細の針を汗管腫一つずつに挿入し、高周波による熱を与え破壊します。
  • 痛みが強い場合は局所麻酔の注射も併用できます。
  • 治療当日は洗顔、基礎化粧、パウダー程度のメイクならOKです。
  • 治療後3~6ヶ月で汗管腫の縮小を実感できます。
光治療イメージ

留意事項

施術前留意点
  • 施術前に顔全体のメイクを落としてください(クリニックで洗顔できます)。局所麻酔や麻酔クリームを使用する場合、麻酔の副作用として、 発赤、かゆみ、アレルギー、ショックなどを起こす可能性があります。
施術の間隔
  • 1~3ヶ月
回数
  • 平均3~5回(クール)
痛み
  • 痛みの感じ方は個人差がありますが、麻酔クリームを塗った後、施術時に少し刺激される程度です。 施術後に腫れや熱感がみられることがありますが、すぐに改善されます。
ダウンタイム
  • 日常生活にはほとんど影響はありません。施術後に出るリンパ液などの浸出物は、軽くガーゼで拭くととれます。
受けられない方
  • 妊娠中の方・ペースメーカーご使用中の方。
  • カウンセリング時にお気軽に確認してください。
主なリスク・副作用・注意事項
  • 治療当日は浮腫んだような腫れが生じますが、時間とともに落ち着きます。
  • 治療後は赤みが数日~2週間続き、治療による浸出物が溜ります。また人により赤みが強く出ることもあるので、治療予定日はこの点を留意することをお勧めします。
  • 発疹内部に溶けた皮脂や老廃物がたまることがあり、ごく小さいニキビに似た発疹が出ることがあります。この症状を予防・治療するために内服薬と外用剤の処方をお勧めしています。 ニキビ状の腫れが強い場合は保険治療も行えますのでご相談ください。
  • ニキビは治療後、1~2ヶ月間、色素沈着が続く場合があります。
  • 汗管腫の治療効果は現れるのが遅く、実感できるまで3ヶ月~半年ほどかかります。
  • メイクは施術後すぐに可能ですが、赤みが出ている場合は控えてください。ファンデーションは翌日より可能となります。こすらないように優しくメイクアップしてください。
  • 治療後数日は、刺激の少ない洗顔料を使うのがお勧めです。
  • 施術当日から、シャワーは可能ですが、サウナや半身浴は避けてください。
  • お顔のマッサージは患部を避けて行ってください。

施術料金のご案内

ラジオ波RF(高周波):ニキビ
1~4個
10,000円
局所麻酔+1,000円
クリーム麻酔+2,000円
5~10個
15,000円
局所麻酔+1,000円
クリーム麻酔+2,000円
11~20個
20,000円
クリーム麻酔+2,000円
21~30個
30,000円
クリーム麻酔+2,000円
31~40個
40,000円
クリーム麻酔+2,000円
翌日のメルティング料金 1回
2,000円
ラジオ波RF(高周波):汗管腫
5cm×5cm
100,000円
片側(1眼瞼)
50,000円
クリーム麻酔
2,000円
その他の費用
初診料
3,000円
再診料
1,000円
当日キャンセル料(無断キャンセル・当日時間変更・延着含む)
1,000円
(表示価格は税別価格です)
  • 自由診療です。
  • コースに期限はありません。
  • コースを組まれていても施術を受けていただくごとの、都度払いなので安心です。
  • 保険適用外の治療・薬剤などには別途消費税がかかります。
厚生労働省・消費者庁の方針に従い、ホームページには施術の症例写真を掲載しておりません。
当クリニックにてご覧いただけますので、お気軽に医師、スタッフにお声がけください。

TOP